366日への旅 記念日編 366日への旅
     5月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
キスの日
きょうの誕生花
色待宵(いろまつよい)
きょうの誕生日・出来事
1959年 高橋名人 (ファミコン名人)
  5月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
娘の婿選び
きょうの世界昔話
キツネとガチョウ
きょうの日本民話
お月さまに行ったウサギ
きょうのイソップ童話
借金をしたアテネの男
きょうの江戸小話
ゆめ
きょうの百物語
キジムナーのお灸
 


366日への旅> 今日は何の日 > 5月の記念日 > キスの日

5月23日 キスの日

5月23日 キスの日

 1946(昭和21)年、日本で初めてキスシーンが登場する映画となった、佐々木康監督の「はたちの青春」が封切られた日です。
 主演の大坂史朗と幾野道子がほんのわずかに唇を合わせるだけのものでしたが、これが話題になり、映画館は連日満員だったといいます。


記念日アニメ
キスの日

キスに関する昔話
(グリム童話 →詳細)

白雪姫
福娘童話集より
♪音声配信
まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、とっても美しいけれど、心のみにくいおきさきがいました。
おきさきは魔法のカガミを持っていて、いつも魔法のカガミにたずねます。
「カガミよカガミよ、この世で一番美しいのはだれ?」
おきさきは、カガミがいつものように、
「あなたが一番美しいです」
と、答えるのを待ちました。
しかしカガミは、
「あなたの娘、白雪姫(しらゆきひめ)です」
と、答えたのです。
おきさきは、白雪姫の2度目のお母さんです。
おきさきは激しく腹を立て、白雪姫を猟師(りょうし)に殺させようとしました。
でも、心のやさしい猟師は、白雪姫をそっと森の中にかくして、おきさきには白雪姫を殺したとうそをついたのです。
白雪姫は、森に住む七人の小人たちと暮らすことになりました。

白雪姫と7人の小人

 そして小人たちが山に働きに入っている間、そうじやせんたくや針仕事をしたり、ごはんを作ったりして、毎日を楽しくすごしました。
「白雪姫、わたしたちが仕事にいっている間、だれも家に入れちゃいけないよ。あのこわいおきさきに、ここが知られてしまうからね」
と、いつも小人たちはいうのでした。
 ところがある日、
「カガミよカガミよ、この世で一番美しいのはだれ?」
と、おきさきがカガミに聞くと、
「山をこえたその向こう、七人の小人の家にいる白雪姫です」
と、答えたのです。
「なんですって!! あの猟師、うらぎったね! よし、こうなれば」
 自分で白雪姫を殺そうと考えたおきさきは、物売りのおばあさんに化けると、毒リンゴを手に 七つの山をこえて、小人の家に行きました。
 そして、まどをたたいて言いました。
「美しい娘さんに、おくりものだよ」
「まあ、何てきれいなリンゴ。おばあさん、ありがとう」

毒リンゴ


  けれど、そのリンゴを一口かじるなり白雪姫はバタリとたおれて、二度と目をひらきませんでした。
 白雪姫が死んだことを知った小人たちは悲しみ、せめて美しい白雪姫がいつでも見られるようにと、ガラスのひつぎの中に白雪姫を寝かせて、森の中におきました。
 そしてある日、1人の王子が森で、白雪姫のひつぎを見つけたのです。
「何てきれいな姫なんだ。まるで眠っているようだ」
 王子は思わず、ひつぎの中の白雪姫にキスをしました。

王子さまのキス


 するとキスしたはずみで、毒リンゴのかけらが白雪姫ののどから飛び出したのです。
 目を開けた白雪姫は、
「わたしは、どこにいるのかしら?」
と、王子にたずねました。
「ずっと、わたしといっしょにいるのですよ。姫」
 王子と結婚した白雪姫は、ずっと幸せに暮らしました。

白雪姫 ハッピーエンド

おしまい

他の記念日

ラブレターの日
 松竹が制定。
 「こい(5)ぶ(2)み(3)」(恋文)の語呂合せと、浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』の公開初日であったことから。

 → 松竹

前のページへ戻る

今日は何の日
ミニカレンダー
<<  5月  >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識