福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 7月の百物語 > 亡霊の果し合い

7月8日の百物語

亡霊の果たしあい

亡霊の果し合い

 むかしむかし、根来仙三郎(ねごろせんざぶろう)という、剣術に優れた若い侍がいました。

 ある秋の日の事、仙三郎(せんざぶろう)は、ふとした事から友だちの松山新五郎(まつやましんごろう)と口論(こうろん)を始めました。
「だから、お前の方が悪い」
「いいや、悪いのはお前の方だ」
 二人は言い張って、お互いにゆずりません。
 そしてとうとう、二人は果し合い(はたしあい→決闘)とする事になったのです。
「明日の辰の刻(たつのこく→朝の八時ごろ)。あかねが原に来い」
「よしっ。キッパリとかたをつけよう」

 その夜、仙三郎は机に向かって本を読んでいましたが、頭の中は明日の果し合いの事でいっぱいです。
(なぜ、あいつは自分の間違いを認めないのだ? あいつが意地を張るせいで、長年の友を失う事になったではないか)
 そんな事を考えていると、ふと庭に人の気配を感じました。
(もしや、あいつが謝りに来たのか?)
 仙三郎が庭の茂みに目を向けると、茂みのかげに怪しい二つの影が動いていました。
「なに奴だ!」
 仙三郎は刀を取ると、縁側に立って叫びました。
 しかし二つの影は答えず、お互いに争っている様子です。
 月明かりをたよりに仙三郎が目を凝らすと、それは刀を抜いて戦っている二人の武士でした。
 それもよろいかぶとに身をかためた武士で、かぶとの下から見える顔は死人の様に青白いものでした。
 年はまだ若いようですが、体はまるで骨だけのようです。
 二人は、いくたびも刀を合わせます。
 やがて一方が力尽きて、よろめきながら倒れました。
 しかしすぐに不思議な力で突き上げられる様に起き上がり、また相手に切りつけます。
 そして相手の武士が倒れると、これまた不思議な力で突き上げられる様に起き上がり、相手に切りつけていきます。
 そんな事が、二人の間で何度も何度も続けられました。
 そのうちに、一人の武士が言いました。
「ああ、おれはもう駄目だ」
「おれも駄目だ。お前を殺すくらいなら、おれが死んだほうがましだ」
「いや、死ぬならおれが死のう。だが、この刀が、この刀が」
「そうだ。どうしても、刀が手から離れぬのだ」
「おれたちはきっと、この刀の亡霊(ぼうれい)にとりつかれているのだろう」
「刀の亡霊め。なぜおれを苦しめる。いや、おれたち二人を苦しめるのだ」
「刀めっ」
「にっくき、刀めっ」
「こんな事なら、あんな口論など、しなければよかった」
「そうだ。つまらぬ事で果し合いをしたから、刀の亡霊にとりつかれたのだ」
 二人の武士はうめく様に言って、なおも戦いを続けました。
 それを見ていた仙三郎は、思わず叫びました。
「やめろーっ!」
 そして自分の大きな声に、仙三郎はハッと我に返りました。
「・・・ゆっ、夢か」

 あくる朝、仙三郎は急いで新五郎の屋敷をたずねると、新五郎が真っ青な顔で出てきました。
「おい、どうかしたのか? 顔色が悪いぞ!」
「おお、仙三郎か。よく来てくれた。実はおれも、お前の家へ行こうと思っていたところなんだ」
 話を聞くと、新五郎も仙三郎と同じ様に、刀の亡霊にとりつかれた二人の武士の夢を見ていたのです。
 二人は二人ともが同じ夢を見ていた事に驚きましたが、やがてどちらからともなく言いました。
「今回の事は、わたしが悪かった。謝るから許して欲しい」
「いや、わしの方こそ悪かった。謝るのはわしの方だ」
 二人の若い侍は手を握り合って、仲直りしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月 8日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
質屋の日
きょうの誕生花
グァバ(Guava)
きょうの誕生日・出来事
1964年 松田ケイジ(俳優)
恋の誕生日占い
まじめで礼儀正しく、気品のある和風美人
なぞなぞ小学校
木に穴を開けるのが上手な月は?
あこがれの職業紹介
大学教授
恋の魔法とおまじない 190
男の子からの好感度を上げる
  7月 8日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
どじょうのなべ
きょうの世界昔話
白バラちゃんと赤バラちゃん
きょうの日本民話
ネコの踊り場
きょうのイソップ童話
ニワトリとシャコ
きょうの江戸小話
風呂
きょうの百物語
亡霊の果し合い
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識