福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 2月の百物語 > 鬼を退治した男の子

2月14日の百物語

鬼を退治した男の子

鬼を退治した男の子
鹿児島県の民話鹿児島県情報

 むかしむかし、ある村はずれの山に、鬼が住んでいました。 
 とても恐ろしい鬼で、夜になると村へ来ては食べ物を奪ったり、家を壊したりしました。
「何とか、鬼を退治する方法はないものだろうか?」
 村人たちは顔を合わせるたびに相談しましたが、なかなか良い知恵が出ません。
 実は今までにも何度か、村の若者たちが集まって鬼退治に出かけたのですが、いつも負けてしまいます。
 このままでは、村が滅んでしまうでしょう。

 さて、この村には、とても利口な男の子がいました。
 鬼退治を考えた男の子は、鬼の怖がる物を考えてみました。
(まずは、豆だな。
 節分の豆まきは、鬼を追い払うからな。
 それに、イワシの頭だ。
 鬼はイワシのにおいが嫌いだから、節分には鬼が来ない様にイワシの頭を家の入口にさすと、ばあちゃんが言っていたな。
 うーん、・・・それからニワトリの声も嫌いだ。
 ばあちゃんに聞いた『こぶとりじいさん』の話しでは、鬼はニワトリの声を聞いて逃げ出したはず。
 よし、豆とイワシの頭とニワトリの声だ。
 これでおいらが、鬼を退治してやる)
 そこで男の子は、村人たちに、
「おいら 一人で鬼を退治をしてくる!」
と、言いました。
 それを聞いた村人たちは、びっくりするよりもあきれ顔で、
「あはははは。若い者でもやられるのに、子どもなんかに鬼退治が出来るわけないだろう」
と、相手にしてくれません。
「ふん、見ていろよ!」
 男の子はふところにニワトリを入れ、イワシの頭と豆を持って山へ登って行きました。

 山の上には、立派な鬼の家がありました。
 鬼は出かけているらしく、中には誰もいません。
「しめしめ、今のうちだ」
 男の子は家の中へ入ると、天井裏に隠れました。

 やがて夕方になって、鬼が帰って来ました。
 鬼はいろりに火をおこして、村から奪ってきた酒を飲んでいます。
 男の子が息を殺して、天井裏からじっと様子を見ていると、
「ああ、まだ飲み足りねえ。また村へ行って、ひと暴れしてくるか」
と、言いながら、鬼が立ち上がりました。
 その時です。
「コケコッコー!」
 男の子の持ってきたニワトリが、はげしく鳴きました。
 鬼は、びっくりです。
「うひゃー! ニワトリだー!」
 慌てて逃げ出そうとして、鬼はいろりの中へ足を突っ込みました。
「あちっ! あち、あち!」
 鬼がやけどをした片足を抱えながらピョンピョンと飛び跳ねていると、男の子は天井裏から鬼めがけてイワシの頭を投げつけました。
 突然目の前に現れたイワシの頭に、鬼は叫び声を上げました。
「うひゃー! イワシの頭だー!」
 苦手なイワシにびっくりした鬼は、部屋の中をドタバタと逃げ回ります。
「これで最後だ! くらえ!」
 それから男のは、天井裏から鬼めがけて豆を力一杯投げつけました。
「うひゃー! 豆だー! たっ、助けてくれえー!」
 鬼はあわてて家から飛び出そうとしたとたん、入口においてあった大きな石うすに頭をぶつけて死んでしまいました。
「やったー! 鬼をやっつけたぞー!」
 見事に鬼を退治した男の子は、鬼の宝物をかつぐと元気よく村へ帰って行きました。

おしまい

前のページへ戻る


     2月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
バレンタインデー
きょうの誕生花
シネラリア(Cineraria)
きょうの誕生日・出来事
1987年 高森 奈津美 (声優)
恋の誕生日占い
遊びも勉強も一生懸命に頑張る
なぞなぞ小学校
曲がっていないと、役に立たない針は?
あこがれの職業紹介
戦場カメラマン
恋の魔法とおまじない 045
夢を正夢にするおまじない
  2月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
良くわかる説教
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 戦争の武器は野菜
きょうの日本民話
お銀と小金物語
きょうのイソップ童話
金持ちと皮なめし屋
きょうの江戸小話
さぞおりこうで
きょうの百物語
鬼を退治した男の子
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識