節分の昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


せつぶんのおはなし

・せつぶんについて

広 告
 


福娘童話集 >節分特集 > 節分の由来

せつぶんのお話し 第 3 話

節分の由来

節分の由来
福岡県の民話 → 福岡県の情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
福と鬼の折り紙おにとふく 鬼の箱の折り紙おにのはこ 福の箱の折り紙ふくのはこ

 むかしむかし、殿さまの使いで他の国へ行く途中の男が、門司(もじ→福岡県北九州市)の鹿喰峠(しじばみとうげ)と呼ばれる峠(とうげ)の大きな岩の上に座ってたばこを一服していると、突然鬼が現れて言いました。
「これは、なかなかにうまそうな人間だ。悪いが昼飯に、お前を食べさせてもらうぞ」
 男は怖くて腰が抜けてしまい、逃げる事が出来ません。
 でも男は、勇気を出して言いました。
「たっ、食べると言うのなら仕方がないが、この世の最後に頼みを聞いてくれ」
「いいだろう。何だ、頼みとは?」
「鬼というものは、自分の大きさを自由に変えられると聞く。食べられる前に、何かでっかい物に化けるところを見せてくれ」
 すると鬼はニヤリと笑って、ゴーーーッ! と、大きく息を吸い込むと、山よりも大きな体になりました。
「どうだ、これで満足か?」
「ああ、さすがは鬼だ。・・・でも、さすがの鬼でも小さくなるのは無理だろう」
 男がそう言うと鬼は、ピューーーッ! と、大きく息を吐いて、どんどん小さくなりました。
 そしてついに、豆粒ほども小さくなりました。
「どうだ、これで満足か?」
「ああ、満足だ!」
 男はそう言うと、その小さくなった鬼をつまんで、パクリと飲み込んでしまいました。
「やったー! 鬼を退治したぞー! ・・・おや? 腹が、腹が痛い」
 飲み込んだ鬼がお腹の中で暴れ出したので、男は血相を変えて玉泉寺(ぎょくせんじ)と言うお寺に駆け込むと、和尚さんに助けを求めました。
「和尚さま、助けて下さい! 小さくなった鬼を飲み込んだのですが、鬼が暴れるので腹が痛くてたまりません」
 すると和尚さんは、小僧にいった大豆を用意させると、
「鬼は外!」
と、叫びながら、そのいった大豆を男に食べさせました。
 すると男のお腹が、どんどんどんどんふくらんできて、
 ブーーーーッ!
と、大きなおならが出たのです。
 そしてそのおならと一緒に小さくなった鬼も飛び出したのですが、おならのあまりの臭さに鬼はそのまま死んでしまいました。

 和尚さんの話によると、鬼の正体はお寺の境内(けいだい)にあるクヌギの精が化けたものだそうです。
 そして鬼を追い出したこの豆まきが、節分の由来だとも言われています。

前のページへ戻る

せつぶんのお話し 6話
節分の鬼
鬼が残していった金棒
節分の由来
鬼は外
節分の鬼の恩返し
節分の豆まきのいわれ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識