アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


白バラちゃんと赤バラちゃん(4k HD)

アニメサイズ Max 3840 × 2160 字幕「日本語」「英語」 (youtubeの設定で変更可能)

イラスト 「みずしま薫」

イラスト版   英訳版

 むかしむかし、ある森に、白バラちゃんと赤バラちゃんという、仲の良い姉妹が住んでいました。
 二人はいつも、
「わたしたち、ずっといっしょにいましょうね」
と、言っています。

 ある雪のひどい晩、さむさにこごえたクマが、二人に助けを求めました。
 二人はそのクマを、あたたかい部屋にとめてあげました。
 それから毎晩、クマは遊びに来るようになりました。
 すっかり仲良しになったある日のこと、クマはお別れを言いに来ました。
「春になると、地下から悪い小人がぼくの宝物をぬすみに来るんだ。見張らなきゃいけないから、ここにはもうこれないんだ」
「・・・そんな」

 さびしい気持ちで、二人はたきぎ拾いに出かけました。
 すると、たおれた木の下じきになって、小人がバタバタ手足を動かしていました。
 見ると、長いひげが枝にからまっています。
 白バラちゃんはしんせつに、からまった長いひげをはさみで切ってあげました。
 ところが、
「よくも、自慢(じまん)のひげを切ったな!」
 小人は助けられたのにお礼も言わず、木の根の間から金貨のつまったふくろを取り出すと、さっさと行ってしまいました。

 それから少したったある日、二人は川でひげを魚にくわえられている小人を見ました。
 よく見ると、この前のこびとです。
 今度もはさみでひげを切って助けてあげたのに、小人は、
「また、大事なひげを切りやがって!」
と、どなりながら真珠(しんじゅ)の入ったふくろをかついで岩のかげに消えました。

 それからもまなく、二人はワシにさらわれそうになっている小人を助けてやりました。
 小人はまたお礼も言わず、宝石のつまった袋をかかえて。
「おれの宝石を、ジロジロ見るな!」
と、いいました。
 そのときです。
「それは、ぼくの宝石だ!」
 クマがあらわれて、小人をやっつけてしまいました。
 するとクマの毛皮がハラリとぬげて、クマは美しい王子さまになったのです。
「悪い小人を見つけてくれてありがとう。実はあの小人に魔法をかけられて、クマの姿にされていたんだ。
 小人のひげは小人の魔法のみなもと、小人のひげを切ってくれたおかげで、小人をやっつけることができました。
 白バラちゃん、ぼくと結婚してください。
 そして赤バラちゃんが、ぼくの弟と結婚してくれたら、ずっとみんなでいっしょにいられるよ」
と、言うわけで、白バラちゃんと赤バラちゃんは、いつも二人が言っていたように、ずっと仲良くいっしょにくらしました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診