アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 最高の宝物(4k HD)

最高の宝物(4k HD)
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




最高の宝物(4k HD)
龍之進のオリジナル童話

イラスト版  えほん版

 昔々あるところに、宝物を集めるのが大好きな男がいました。
 男は世界中を旅してまわり、キラキラ光る宝石や、金でできた像や、美しい布などを集めていたのです。

 ある日、旅の途中で日が暮れてしまったので、男は近くにあった村の小さな家に泊めてもらうことになりました。
「何もありませんが、どうぞゆっくりしていって下さい」
 その家に住んでいた青年は、粗末な皿に入れたスープを男に差し出しました。
  男は愛想笑いをしながら、心の中で呟きました。
「本当に何もないところだな。家はボロボロだし、この皿だって、まるでガラクタじゃないか」
 男はスープを飲みながら、自分が集めた数々の宝物のことを、青年に自慢し始めました。 青年は黙って聞いていましたが、やがてこんなことを言いました。
「この村にも、素敵な宝物がありますよ」
「何だって。本当かい?」
「ええ、本当です」
「ようし、それなら、その宝物とやらを見せてもらおうじゃないか」
「分かりました。では、明日の夕方まで待って下さい」
  どうして明日の夕方まで待たなければならないのか、男は不思議に思いましたが、とにかく青年の言うとおりにすることにしました。

  次の日の夕方、青年は男を村のはずれに連れていきました。

 そこには家もほとんどなく、空が広々と感じられます。
  青年は、遠くに見える山の方を指さしました。
「ほら、見て下さい」
  青年の指さす方角を見た男は、思わず息を飲みました。
 どこまでも広がる空は、赤色や橙色や黄色や様々な色で見事に染められ、紫色や桜色の雲がたなびいていました。
  そしてその中に、黒々とした山の姿が浮かび上がって見えました。
  男はしばらく、何か言うのも忘れて、その景色を見つめていました。
 やがて男の目から、一筋の涙が流れ落ちました。
「どうでしたか。きれいだったでしょう」
  家に戻る道すがら、青年はにっこり笑って男に話しかけました。
 男は、何も言わずにうなずきました。
  夕焼けが、あんなにいろいろな色をしていたなんて。
  桜色の雲が、あるなんて。
  山があんなに、厳かな姿を見せるなんて…。
「素敵な宝物でしょう?」
  青年は、再び男に話しかけました。
  男は、青年の方を向き、こう答えました。
「ああ。最高の宝物だよ」

おしまい

 このお話しとイラストは、自作のイラスト・フリー素材を公開している三絶堂の運営者「龍之進」さんのオリジナル作品です。

龍之進さんの運営サイト「三絶堂

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診