アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) リンゴの枝とタンポポ

リンゴの枝とタンポポ
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




リンゴの枝とタンポポ
アンデルセン童話 → アンデルセンについて

イラスト版  えほん版

 野原も木も畑も牧場も、一面にきれいな花が咲いた春のある日、一本のリンゴの木が自慢げに言いました。
「えっへん。見て見て。ぼくは、こんなにきれいになったんだよ」
  このリンゴの木には枝が一本しかありませんが、可愛らしいバラ色のつぼみをたくさんつけていました。
「まあ、きれい! なんて見事なリンゴの枝なのでしょう」
 ちょうどそこへ、奥さまが馬車で通りかかりました。
「わたくし、こんなに素晴らしい花を見た事がありませんわ」
  奥さまはリンゴの枝をやさしく折ると、大切にお屋敷に持って帰りました。
 始めて屋敷に入ったリンゴの枝は、大きな屋敷にびっくりです。
「うわ、なんて立派なお屋敷なんだろう」
  奥さまは広い屋敷の中の一番素敵なお部屋に入っていくと、リンゴの枝に言いました。
「さあ、今日からここが、あなたのお家よ」
 奥さまは新雪を固めて作ったような白い花びんに、リンゴの枝をさしてくれました。
  リンゴの枝は、うれしくてたまりません。
「えへへ。ここがぼくの家で、この花びんがぼくの部屋だ」
  リンゴの枝は、まっ白なカーテンのかかっている窓の外を見ました。
「やあ、外にはいろんな花が咲いているな」
  スミレ、ひなげし、チューリップ、そしてお庭の向こうの野原にはたくさんのタンポポが咲いています。
「でも、ぼくよりきれいな花はいないや。やっぱりぼくが、一番だ」
  リンゴの枝はそう思うと、ますますうれしくなりました。
  そして、自分が偉くなったように思えました。
「ぼくみたいに大事にかざられる花もあれば、タンポポくんのように、誰にも見向きされない花もあるんだね。かわいそうに」
 それを聞いた空のお日さまが、リンゴの枝に言いました。
「リンゴくん、そんな事はないよ。タンポポもすてきだよ」
「まあ、汚いとは言わないけど、このぼくに比べれば」
「なら、よく見ててごらん」
 間もなく小さな子どもたちが野原にやってきて、
「あっ、タンポポだ」
と、楽しそうにタンポポで首輪や腕輪をつくりました。
 それから、まっ白にわた毛をつけたタンポポを見つけると、
「あっ、いい物を見つけた。いい? よく見ててね。いくよー! フーーッ」
と、大きく息を吹いて遊びました。
  それを見たリンゴの枝は、子どもたちと仲良く遊ぶタンポポが少しうらやましくなりましたが、でもお日さまに言いました。
「まあ、あの子どもたちには、タンポポがいいでしょうよ。でも大人たちは、この私の方が」
  その時、奥さまが友だちと部屋に入ってきました。
「ゆっくり、ゆっくり。そうっとね」
  奥さまは、とても大事そうに何かを持ってきました。
 そして気をつけながらリンゴの枝のとなりにさしたのは、なんとタンポポのわた毛の花たばだったのです。
「このわた毛、なんて不思議で、なんて素敵なんでしょう。リンゴの花とはちがうけれど、どっちもとってもきれいだわ」
 奥さまの言葉に、お日さまはにっこり笑って言いました。
「ほらね。リンゴくん、わかっただろう?」
「・・・うん」
  リンゴの枝は恥ずかしそうに、小さくうなずきました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診